自己破産について考えてみよう。


自己破産の生き方

自己破産の手続き

自己破産をする理由にはほとんど支払いが出来ないということから、破産の申し立てを裁判所にしにいきます。自己破産とは言っても、直ぐに裁判所に行って破産宣告をするとすぐ自己破産になるという事ではありません。自己破産をする手続きが必要になります。ここでは、自己破産の手続きについてご紹介していきます。

自己破産となると、誰もが何度もするようなものではないですよね。はじめてと言う人がほとんどだと思います。先ず、自己破産をするには裁判所へいって申立てをしなければいけません。でも、この申し立てをする裁判所はどこにでもいって出来るという事ではありません。自分の住んでいる地域の裁判所もしくは管轄の裁判所などに行って申し立てをします。申し立てには次の様な書類が必要となります。

□ 破産手続き申立書 □ 債権者の一覧表 □ 陳述書 □ 資産目録
□ 家計全体の状況 □ 戸籍謄本□ 住民票 □ その他関係書類

等の書類が必要になります。でも、この書類を出したからといって自己破産になるとは限りません。裁判所へは何度か足を運ばなければいけませんが、その中で裁判官との面接などもあります。その面接がなんの為にあるのかというと、ほんとに支払いが出来ないかということを判断するための面接です。でも、この面接には書類を出してから、早ければ2週間おそければ一ヶ月もまつようなこともあるそうです。自己破産をするとお金の催促などはないといいましたが、自己破産をしてしまうと「破産の申し立てがありましたょ」などといって、借金をしている金融会社に裁判所からお知らせがいきます。でも、その知らせがいくと業者がしつこく取り立てにくるようなこともあるようです。法律上自己破産をしてしまうと、取り立てなどはなくなりますが、自己破産の申し立てを裁判所に依頼をしても、お知らせがおそくなったりなんてこともあるようです。すぐにでも取り立てをやめさせたいなどと言う場合には、自分で相手に知らせることもできるそうですよ!そのお知らせと裁判所から書類が渡されるので、それを受け取って借金をした金融会社へ送ると、取り立てをされることはないでしょう。

自己破産を手続きするには、自分でももちろん申請をすることは出来ますが。やはり一番無難なのは、専門の人に任せるということでしょう。専門の人であれば書類などもきちんと作成してくれて、自己破産が認められるというケースが多く、取り立てなどもすぐに辞めさせることが出来ます。また、やっぱり皆さんが気にすることというと、自己破産にかかる費用でしょう。専門の人に任せるともちろん自分で申請をするよりも費用もかかってきます。でも、自分で申請をするとなると、自己破産が認められるという確率は専門の人に任せるよりも低いそうです。そうなると、出来るなら自分でやりたいですが、専門の人に任せた方が安心出来るのではないかと思います。

Favorite

鉄板 販売
http://www.sanseidou.jp/
GPSレンタル
http://gps-tsuisekikun.com/
キャンディキャンディ dvd
http://item.rakuten.co.jp/korea-style/gmpd10117973/
IWC 買取
http://housekihiroba-kaitori.jp/%e8%85%95%e6%99%82%e8%a8%88%e8%b2%b7%e5%8f%96/iwc
敏感肌 ノンケミカル
http://www.ce-parfait.com/

2015/6/29 更新